コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

勝田全国マラソン 2020

Last updated on 2020年2月4日

2020/1/26(日)に茨城県ひたちなか市で行われた勝田全国マラソンのマラソンの部に参加しましたのでレポートします。

概要

多少アップダウンがあるため、コースの難易度は少し高いと思いますが、スタート後の序盤で大通りに出るため、ストレスなく自分の力は出し切れる大会だと思います。

個人的にはお勧めの大会です。

項目評価
コース★★★☆☆
走りやすさ★★★★★
アクセス★★★★☆
費用★★★★☆

コース

累積票高差180mくらいと思われます。

※自分のGPSログや皆さんのSTRAVAをみた平均

何度も(5〜6回)長い(数百m級)上り坂が出現する印象です。自分がよく参加している大会の中では、ハードなコースだと思っています。

走りやすさ

大会参加人数が公称25000人ですが、リザルトを見るとマラソンの部に参加した実際の人数は10000人程度のようです。

スタート順は、エントリ時の過去実績タイム順にスタート位置が振り分けられる一般的なものです。(ちなみに自分は3時間18分の申告でDブロックでした)

スタート地点は、2車線のためかなり混雑するため、スタート直後は自分のペースで走れませんが、500m〜1kmくらい走ると、4車線の道路にでるため、ここからは自分のペースで走れます。コースの難易度は高めですが、自分の力は出しきれる大会だと思います。

アクセス

会場は勝田駅から徒歩10分の”石川運動ひろば“という場所です。スタート時刻10時半で遅めのため、東京近郊からだと前泊なしで参加できます。ゼッケンや計測タグも事前郵送のため、当日受付もありません。

勝田駅は、上野駅から特急電車で75分程度。

費用

  • 参加費6000円
  • 交通費約8000円(上野⇄勝田の往復、指定席込)

感想

自分の目標は3時間20分を切ることに設定し、キロ4分40秒目安で走ろうとしました。

前半のエイドでは水分も取らず、携行した補給はウイダーインゼリー(エネルギー)一つだけだったので、補給不足か30km以降急に辛くなってしまいました。

アップダウンにも体力を削られて、最終的には5分40秒のペースを保つのが精一杯になりましたが、なんとか3時間38分程度でゴールしました。

ログ

ラップ表

おまけ

グロスのゴールタイムが4時間10分前後のゴール前の動画



過去記事:勝田全国マラソン2017のレポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com